カワシマ飛行試験型
趣味のプラモについてや、日常のあれこれ


プロフィール

カワシマ

Author:カワシマ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サドン・インパクト
2007年ガンプラ王決定戦大阪大会において、第1位をいただくことが出来ました。
しかも、既出にもかかわらず百鬼夜行~終焉~において第4位と言う高い評価をいただきまして、投票してくださった皆様にお礼申し上げます。

20070923001402.jpg

まずタイトルですが、サード・インパクトではなく、サドン・インパクトです。
ズゴックを作ると言うことと、このタイトルは制作に入る前から決めていました。
エヴァのテイストを盛り込もうというのは最初から決めていましたので、十字架型のタイトルとロゴの入れ方によって、確信犯的にミスリードを狙ったので、間違えてもらった方がしてやったりと言う感じですかね^^

20070923001301.jpg

そのままですと、「突然の衝撃」。海から突然現れるズゴック、意味も分からずに撃破されるジムのパイロットの悲運ととれます。
ただし、「三番目の衝撃」と意味を間違えた場合、一度目は宇宙で、二度目はガルマの件で、そしてジャブローにおいて対峙するアムロとシャアの関係を表しているともとれます。
まあ、これがシャア専用とは一言も言ってませんが・・・。
と言うことで、裏のテーマとして3と言う数にもこだわってみてます。

20070924214105.jpg

大体のイメージとテーマは決まっていたものの、これだ!っという閃きが降りてこなかったのですが、ある日ケロロ軍曹を読んでいたところ、ガルルがやってきてケロロ小隊を全滅させるところで、天啓が降りてきちゃいました(コミック第11巻15P)。

20070923001321.jpg

IMP社が開発したMSM-07ズゴックは、腕部のアタッチメントを交換することにより様々な作戦に対応することが出来、その自由度の高さから初期生産分を受領した一部パイロットからは、非常に高い評価を受けている。

Å型:アームパンチ機構を持つ大型マニュピレータを装備する。
B型:小型化されたジェネレータを搭載し、メガ粒子砲を装備する。
C型:アイアンネイルを装備し格闘戦に長ける。中には4本の爪を持つ物もあると言う。
D型:大型ドリルを装備し、工作、敵地侵攻に用いられる。
E型:電子戦装備によって、索敵、偵察任務を行う。
F型:アンカーフックを用いて、目標を捕縛したり、登坂などに使われる。
G型:3連装のロケット砲を装備した重火器型。
H型:ヒートロッドで、目標のパイロットや電子機器にダメージを与える。

だが制式量産化に際して、コスト面の問題からB型およびC型の複合型を基本兵装として固定化されることとなった。

上記の資料は一年戦争後発見された物であるが、前述のオプション兵装に関しては、実際に試作等された物であるのか、単なるペーパープランで終わってしまった物かは確認されていない。

以上単なる妄想ショーでした。

20070923001625.jpg


20070923001646.jpg

20070923001700.jpg

頭部は、胴体に埋まるようにしてモノアイレールの幅を詰め、目つきを悪く。
モノアイレール自体は、クリアパーツの裏側にエポパテを詰めて溝を掘るというのは定番工作ですね。
モノアイ1個では全周360度カバーするのは大変だと思うので3倍の3個。
本当は弐号機のように「4個で緑色に」とも思ったのですが、泣く泣く却下。
しかたなくふんどしにつけたライトを緑色にすることにしました。

20070923001608.jpg

今回電飾に挑戦してみまして、それ自体はいいのですが、電池に問題がありました。
ガン王で長時間(2日間)展示することを考えると、ボタン電池では心許ないので単五電池を使用しましたが、これが非常に曲者でした。
小学生の頃読んだプラモの本だと、単五電池さえあればどこにでも入れられそうなイメージを持っていたのですが、思うように収まってくれず頭のパーツが少々浮いてしまう結果に;;
(この撮影時はボタン電池に換えました)

胴体はフレームのみを使い、さらに脇の下を5mmほど切り飛ばした上、ウエストのパーツも切り詰めて細くします。
大きすぎる胴を小型化し、メリハリのついたプロポーションを目指しています。

20070923001535.jpg

バックパックはうすうす攻撃を中心にフィンなどを追加して整流効果を狙った物に。
テールスタビレータというかラダーはアヒルさんと言うより、もはや鮫。
シャークマウスのマーキングと相俟って、シナジーも倍増。

20070923001419.jpg

今回のコクピット理論は、うつぶせ状態をデフォルトとして背面ハッチから乗り込むことになります。
マッドアングラーで潜航中の時などは、エントリープラグよろしく、シリンダー状の搭乗ゲートが接続されてそこから乗り込みます。

20070923001439.jpg

右腕の外側にみんな大好き「ナニワねじ」の金属パーツを使用しています。
自分の頭の中では、ガションと押し込まれてスライドしちゃったり、ぐりぐり回って次弾を装填したりするようなイメージがあるのですが、本当にそんな機構になるのかは分かりません^^;
トラスはプラ棒、砲身はプラパイプの組み合わせ。

20070923001454.jpg

左手の爪は4mmほど短くして尖らせます。
内側にアーミーナイフと言うか、アイスラッガーのようなギザギザを付けたところ、「お、ナイスアイディアやん!」と思いましたが、みんなやってますね・・・。
ギザハズカシス。

20070923001512.jpg

肩と脚の付け根の蛇腹がきちんとした円筒でなくて、斜めのテーパーがついているのが嫌なので、肩ブロックを新造しています。
使ったのは肩ブロックも肩アーマーも釣りの浮きです。
キットは外装と可動部が一体なので、外装を切り離して可動フレームに後から被せるようにしています。
外装のC面の幅が一定でなかったので、装甲の厚みをそろえるように調整しました。

20070924202714.jpg

膝関節で5mmほど詰め、足首もF2ザクを使って低く小さくしています。
踵はプラ板の積層で、潜航時には畳まれて、脛から噴き出すノズルの偏向プレートとして機能する設定です。


これを書いてる最中に、2度消えて書き直してます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 カワシマさん、先日はお疲れ様でした。
 このサドンインパクト、すごくかっこいいので、こうして製作記事が読めるのはうれしいです。僕は商品でMGズゴックもらったので、オリジナルな作品に挑戦したいと思っております。またズゴックだ(笑)

【2007/09/25 05:46】 URL | RUN #SFo5/nok [ 編集]


足跡から来ましたー!
宴会でRUNさんと少しだけお話させて頂いた
モヒカンしょうい。@ALEXでございます。
先日は百鬼お疲れ様でした!
あらためて画像見させていただきましたが、
色んな思いが込められた作品だったのですね!やっぱカッケーッス!

画像もともても素晴らしく、オプション兵装の記事も
シビレました!!!

G型、アリです。大アリです。
こういう設定もガンプラならではの楽しみ方ですね!
参考にさせて頂きます!
また覗かせていただきます^^

【2007/09/26 00:01】 URL | G2000しょうい。 #7av6LuR2 [ 編集]


○RUNさん
レポートのアップお疲れ様でした^^
皆さんの期待も大きかったので大変だったとは思いますが、非常に読み応えがあり、あの日のことが甦ってきます。
またRUNなりの新しい作品が見られるのを楽しみにしております。

○しょうい。さん
限られた時間の中ではあまりたくさんの方とお話できませんでしたが、少しでも話せてよかったです^^
ああいう設定の遊びも楽しみの一つではありますが、あれが意味するもう一つの歴史は、まだ内緒です^^
こちらこそ、また覗かせていただきますね^^

【2007/09/26 21:53】 URL | カワシマ #- [ 編集]


カワシマ様
初めまして、Fen-rirと申します。
足跡から参りました。

ガン王1位の方だったとは驚きです!
このズゴック、カッコイイ~!!
こういうの私も大好きです。

ブログリンクさせていただいて宜しいでしょうか?
また遊びに来ますので宜しくお願いします。

【2007/10/06 19:41】 URL | Fen-rir #Y0.AGjoU [ 編集]


○Fen-rirさん
ようこそおいでくださいました。
また、お褒めのメッセージもいただきましてありがとうございます。

大したことのないブログですが、こんな所でよければリンク歓迎いたします^^
こちらもまた覗かせていただきます。

【2007/10/08 19:54】 URL | カワシマ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。