カワシマ飛行試験型
趣味のプラモについてや、日常のあれこれ


プロフィール

カワシマ

Author:カワシマ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一生に一度は言いたい台詞
せめて週一更新はと思っていましたが、先週は更新できませんで、申し訳ありません。
いくつかネタを載せますが、時系列がめちゃくちゃですんで・・・。


タイトルのを集めたサイトが今流行ってると、先日テレビで放送していたのを見ました。
その前にテレビで紹介されて注目度が上がったそうですが、いろいろとマスコミは怖いかなっと。
まあ、それは置いておくとして。

毎年年賀状をもらいますと、子供さんの写真などを載せた年賀状が非常に多いんです。
悔しいので、自分も自分で作ったものを載せて送ってるわけですが、今年はグフを載せておきました。

年も明けまして、会社で話をしてますと後輩が、

「あ、そうそう。年賀状のザクかっこいいですね。」




「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」




よもやこの台詞を言う日が来るとは思ってもいませんでした。
まあ、これすらも通じていないんでしょうが・・・。


えふらっぷさんが店舗移転で新規オープンされました。(旧店舗のすぐ近くですが)
さっそく昨日、プレオープン期間中にお邪魔してまいりました。
何とかへろへろ状態の作品を出品しまして一安心。
でも、受け取られた側はあんまり安心できる状態ではないような・・・^^;
てんちょ。さん新規開店おめでとうございます。
パチンコ屋でもない限り、これも一生になかなか言えることではないですね^^


巷で噂の100メガショック(?)なハンバーガーを食べてきました。
最初数量限定だったのに気づかず、
「メガマック下さい!」
って店員さんに言ったところ、
「本日の販売分は終了いたしました」
だってさ・・・;;


大きな声では言えないが、小さな声では聞こえない...
スポンサーサイト

おもしろ飛行機(2)
実際の作業は墨入れに入っていますが、以前撮っておいた写真を紹介します。

SANY00231.jpg

ブースターの上のモールドはヤスリがけが面倒なので、一度さっぱり消してしまってプラ板で再現しておきました。
ビームカノンのセンサーも継ぎ目消しが面倒なので、デザインナイフで切り離し、後で接着することにします。
後は少しディティールがさびしいので、チョコチョコッと。
写真にはないですが、ブースターの接続は、中央のブロックに5mm角棒を接着しておいて、W14を真鍮線でつないでいます。

SANY00261.jpg

腕の内側がスカスカなので埋めた程度です。
ノーマルのファイターだとほとんど隠れるんですが、スーパーだとちょっと見えちゃうかもしれませんね。
まあ、普通は見ませんが^^;

SANY00241.jpg

補強にプラ棒を貼り付けました。
基本的にすべて真鍮線でこのパーツに差し込むことで固定します。
本当は接着してしまえばいいんでしょうが、心配性なので万が一を考えてほとんどのパーツを取り外せるようにしています。

バルキリーに限ったわけではなくて、いつもそういう作り方をしているので保持力や強度に問題が多いのも事実ですけど^^;
両立させるのが今年の目標でしょうか。

おもしろ飛行機(1)
現在塗装中なのですが、マスキングがうまく行かない上に、テープをはがした所から下の塗装までぺりぺり剥がれてきて、修正に次ぐ修正でみっともないことになっています。
ラインの塗り分けはデカールですればよかったかな…。
もっとも、デカールが綺麗に貼れないから塗装にしたわけで…。
4色入ってるんだから、使わない緑ので練習すればよかったかも^^;

3歩進んで2歩下がるどころか、一進一退もしくは後退しそうな勢いでテンション下がりまくりで愚痴から始まってしまいましたが、皆さんお正月はいかがお過ごしでしょうか?

マスキング嫌いだからせっかく全部後ハメにしたのに意味がなくなりつつあります^^;

飛行機の模型と言うのは、先に塗装して組み込んでいかないといけない部分が多く、面倒なので後ハメ出来るようにしてしまおうというのはキャラクターモデルに慣れ過ぎたせいでしょうか^^

SANY00201.jpg

機首そのものは後からハメ込むことが出来ますが、コクピットを先に組まないといけませんので、コクピットの後ろの壁を切り欠いて後ろからバスタブを差し込むことが出来るようにします。
普通に挟む場合でも、多少削って調整しないとうまくバスタブが収まってくれませんので様子を見ながら現物合わせの必要がありますね。
切り欠いた奥の壁も、ディティールに乏しく適当にゴチャつかせる必要があるので一石二鳥でしょうか。

SANY00251.jpg

足首も先に塗装しないといけませんが、挟みこむ軸の部分を削ってやれば後ろから差し込むことが出来ますので、アルミ線での接続に変更します。
ストライクバルキリーなんで、脚のバーニアを4連式に変更しましたからアルミ線の取り付け部が隠れますが、アルミ線の取り付け方法を工夫すればノーマルバルキリーでもうまく行くんじゃないでしょうか。
エアインテークにあたる部分は、インテークをふさぐパーツをスーパー用の部品から切り取り、ノーマルのインテークに取り付けるようにしました。

大きな声では言えないが、小さな声では聞こえない...

新年明けましておめでとうございます
昨年いろいろとお世話になった皆さん、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年もぼちぼちとやって行きたいと思いますので、あたかかく見守ったり、見逃したり、見過ごしたり、見かねたりしてくださりますよう、お願いいたします。

昨年を一字で振り返ると「変化」の年でしたので、今年は「責任」の年で行きたいと思います。

まずは、冬コンに向けて塗装をがんばります。




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。